廃線

瀬戸内旅行 2日目~姫路

睡魔に負けて、本州に入りきれずに、因島の大浜パーキングエリアで夜を明かした後、山陽道に乗って一路姫路を目指します。

今日11月15日は、モノレールファンにとっては特別な日です。

あの姫路モノレールが、ついに一般公開される日が来たのです。

といっても、正式公開は2年後ですが、それに先立つ移転作業の合間に、1日だけ特別公開されるとのこと。
今回の四国旅行は、実はこれにあわせて計画したのでした。

Dsc_0085_2 さて車はほぼ予定通り、お昼ごろに姫路は手柄山に到着しました。
過去に姫路駅からレールを少しだけ辿ったことはありましたが、手柄山まで来たのは今回が初めてです。
Webの写真で見慣れた建物を目指して登ると、てっぺんではテントが数張建てられて、すでに多くの人でにぎわっていました。

そこから、サンクガーデンに向かうと・・・

Dsc_0087

広々とした庭園のむこうに、青と白の車体が見えました。

―――― ドリームランドのモノレールに出会ったことから始まった、廃モノレールへの興味。
かつては自宅の古い地図で存在を知るのみであり、その姿など想像でしかなかった、かつての未来交通。
時は進み、ネットで多くの情報が得られる時代になって、幻だった姫路モノレールの車両を写真で見る機会ができ、そしてそれらはまだ現存しているということを知ることができても、実際に目で見ることができる日など、決して訪れないのだろうと思っていました ――――

サンクガーデンの坂を降りながら、徐々に近づいてくるモノレールを見ても、まだなんとなく幻を見ているような気分でした。

人出は一段落したようで、柵のすぐ前まで容易に近づくことができました。

Dsc_0117
車体の正面に立ち、その姿を見上げました。
鉄骨で組まれた仮設軌道に、牽引用のジャッキに連結された姿で、秋の日差しの下に誇らしげに佇む姿に、なぜかこみ上げるものがありました。



存在は知っていても、特別な思い入れがあったわけではありません。

Dsc_0102 ただ、35年間も暗闇に押し込まれ、誰もが人知れず朽ちていくだけと・・・Dsc_0107 このモノレール自身ですらそう思っていたに違いありません。そんな絶望感とともに手柄山の中でただじっとしていた、この車両に気持ちがあったなら・・・。

Dsc_0165




昨日は雨で、車両の雨漏りなども心配しましたが、これからまた山の中に入って余生を過ごす身ですから、35年ぶりの天然のシャワーも、気持ちよく浴びられたのではないでしょうか。

Dsc_0093
現場には、モノレールの台車が、ロッキード式の特徴をよく観察できる状態で展示されていました。

2時からの説明会を聴講してから、かつての駅コンコースで行われた資料展を見学しました。

その中に、モノレールの搬入の写真がありました。

1340548280_15

トラクターに引かれて、山を登ってくるモノレール。
脇には歓迎の関係者がたくさん並んでいます。
モノレールは、とても誇らしそうな顔をしていました。

それは、今日の顔と同じでした。

当たり前、ですが、かつて駅の中でほこりを被っていた写真とは、明らかに違う表情でした。

Dsc_0148 展示場の隣には、かつて車両が保管されていた検収庫が、もぬけの殻となっていました。
残念ながら展示に漏れた2両は、この中で、ついに二度と空を見ることなく鉄屑となってしまいました。35年間も一緒にいた4両の仲間で明暗を分けたというのも、考えると複雑な気持ちになりますが、それでも2両も残されたということを喜びたいものです。

最後になかなか凝ったパンフレットを頂き、手柄山を後にしました。

次は正式公開、かつてのホームで美しくなった姿を、ぜひまた訪ねて見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノレール探訪 その1

モノレールを同好とする仲間4名で、今年いっぱいで廃止予定の犬山モノレールを訪れることになりました。
で、どうせ行くならと、いろんなスポットを巡り、夜は三重県の関にある国民宿舎に泊まろうという計画を立てました。

朝7時過ぎ、東名の某バス停で、S氏、A氏、T氏と合流。一路犬山を目指します。
春日井から高速を降りて下道を行きます。道すがら目に入ってくるのが、2006年に廃止になった桃花台新交通の軌道跡。巨大なループが目前に現れます。その上を走る黄色い車両。

Dsc_0001_2 

・・・!?
車両が走ってる!?
一同唖然。
はっと我に返った時には、全員がカメラの準備をしていました。
そのまま反射的にその保線車を追いかけます。Dsc_0010_2 軌道はずっと道路に沿って走っているのでトレースすること自体は難しくないのですが、いかにせよ向こうは信号なし駅停車無しでバンバン走っていってしまいます。いくら追いかけても、その姿ははるか前方にチラチラ見え隠れしています。
そうこうしているうちに終点小牧駅付近まで来てしまいました。保線車はノンストップで小牧のループを折り返して行きます。我々も今来た道を戻っていきます。
途中、保線車の動きが止まりました。おそらくここで何らかの作業後、走り出すのだろうと思い、この先にある歩道橋でその姿を待つことにしました。

Dsc_0011

・・・しかし、1時間経っても全然現れません。
痺れを切らせて、様子を見てこようと、S氏だけを残して3名ですこし歩いてみることにしました。でも結局、建物に阻まれてレールは何も見えません。
そしてさっきの撮影ポイントに戻ってくると、S氏がカメラを構えて何かを追っているのが見えます。まさか・・・

・・・運悪く、保線車はちょうど走り去ってしまったところでした。
撮影場所をちょっとだけ離れたときに限って珍しい列車が通過するなど、昔から何回も経験して懲りているはずなのに・・・。

これで我々は意地になってしまいました。なんとしてもあの保線車の走行シーンを収めてやる!と。

Dsc_0012 とりあえず車両基地跡地に行ってみると、ちょうど関係者の方にお話をうかがうことができ、午後も作業があるらしいとのこと。保線車はレール撤去作業に従事中で、ちょうど積んできたレールを降ろして、再び作業に走り出すところでした。
つまり、さっき止まっていたところでレールを切り出して、積み終わったら戻ってくる、という工程のようです。
ということで、その作業現場で様子を見守り、終わりそうになったら撮影ポイントへ移動する、という作戦を立てました。

今日の現場は住宅街に程近い場所でした。 Dsc_0017車を止め、レールを積み込む様子を眺めます。いつか訪れた、ドリーム交通の撤去作業を思い浮かべ、ああ、あの時もこんな気分でみていたな、などと回想します。

--今回この保線車撮影にここまでこだわったのは、このドリーム交通の影響が多分にありました。

かつてドリーム交通の休止後長らく経ってから、保線車が走っているのを見たという話がありました。その話を聞く人は皆半信半疑で、この話題はとあるラジオ番組でも取り上げられたほどの謎めいた情報でした。レール撤去のために作業車が走ったことは事実のようですが、写真やその他が一切残っていないため、今となっては真相は闇の中です--

保線車を目の前にして、このことを思い出し、今回のこの映像は将来貴重な資料になると確信しました。

保線車の発電機が止まりました。帰投の準備が始まったようです。我々も撮影ポイントまで先回りです。

待つこと20分。うねりながら横たわる軌道の上を、保線車は軽快に走り去っていきました。

Dsc_0024 Dsc_0027_2

 

 

この撮影に費やした時間は、4時間。本来ならちょっとだけの寄り道の予定が、大幅に狂ってしまいました。
でも全員満足。犬山モノレールは明日に順延とし、東山動植物園に向かいました。

 

しかしここでかなりの大Dsc_0031雨に見舞われてしまいます。 動物園への入園は断念、フェンスの外から、三菱サフェージュ式モノレールと対面し、今晩の宿に向かったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

名古屋旅行

一泊二日で名古屋旅行に出かけてきました。

目的は友人に会いに行くことでしたが、せっかく名古屋に行くのですから、ほんのちょっとだけ鉄的行動もしてきました。

まずはこだまに乗り、豊橋に向かいます。やってきた300系はJ3編成。J2までが廃車になった今、JR東海では最古参となってしまった車両です。さすがに車内も汚れています。運用離脱ももう秒読み段階なのでしょうか・・・?

07111701 07111702  

 

 

 

 

07111703さて豊橋で降りたら、駅前で路面電車を眺めます。 岐阜市内線で見た電車が装いも新たにがんばっています。

07111704 そしてここから名鉄に乗り換えて名古屋を目指すことに。

特急の特別車に乗ることにしました。ほんとはパノラマDXが来れば、と思ったのですが、最新の2200系でした。

さすがに特急車両は乗り心地もよく、窓も大きくて快適です。よく車で走る国道一号線を、今日は電車から見下ろしながらの旅です。

 

名古屋の一歩手前、金山駅で下車します。

ここにいれば、とりあえずパノラマカーに会えるだろうという目論見です。そしてタイミングがよければちょっと乗ってみようと。

07111705 待つこと十数分、遠くに四つ目のライトが。パノラマカーの登場です。

しかし向こう側のホームにそのまま入ってしまい、こちらからはすぐに見えなくなってしまいました。

そのままもう少し同じところで待ち続けます。するとまた20分ほどして、今度は急行中部国際空港行きとしてやってきました。

07111706 しかも渡り線を渡ってこっちに向かってきます。

ちょうどうまい具合に、中線に入ってくるようです。

 

 

 

07111707 07111708 パノラマカーを間近でじっくり見るのは、初めてでした。

結局下り方向に向かうのは現れず、時間切れとなってしまいました。

この後名古屋駅まで行き、友人と合流。名古屋城観光などを楽しみました。

 

 

さて翌日。友人は赤ちゃん連れなので、動物園に行こうという計画になっていました。

「東山動物園」

その名前を聞けば、筆者にとっては動物なんかより「アレ」と「アレ」が真っ先に思い浮かびます。

まずは「アレ」その1を見に行ってみました。

07111709 C62 17号機です。

木曽川で狭軌最高速を記録したレコードホルダーです。全国に5両だけ残されたC62の中で、唯一国鉄(JR)と関係ない場所に置かれているものです。07111710

ほかのC62に比べると状態はよくないですが、柵のおかげでそれなりの状態には保たれているようです。

07111711しかしさびも目立つし、先行きがちょっと心配。 

 

 

 

さて、つづいて「アレ」その2を見に行ってみることにします。

正直場所をよく知らないので、見つけられるか不安でしたが、あっさりと目立つところにそれはありました。

07111712

「 東山公園モノレール」の保存車両です。

このモノレールは、国内初のサフェージュ式モノレールとして、三菱の手で建設されたものです。たった1両ですが、こうして現存しているのが奇跡のようです。

07111713 色は灰色一色に塗られて味気ないですが、いまでもこうして姿をとどめているだけでもすばらしいことだと思います。

 

07111714 いまではその園内輸送の役目を、新たにできた小型のモノレールが担っています。その車内から、モノレールを眺めることができます。たくさんの親子を乗せてにぎわう今のモノレールを、彼はぶら下がりながら、どんな思いで眺めているのでしょうか?

 

あいにくの寒さと強風で、残念ながら余り時間がとれずに動物園をあとにし、帰路に着きました。でも、限られた時間ではありましたが、ちゃんとポイントを抑えて見ることができてとても満足でした(同行してくれた皆さんには申し訳なかったですが(汗))

| | コメント (0) | トラックバック (0)