貨物列車

シキ返却

先月から立て続けに運転されていた大物車も、今日の返却回送で一段落となりました。

たまたま会社を休む都合もあったので、ちょうど時間もよく、撮影ができました。

Dsc_0010

さて先日関西で起こった、撮り鉄が列車を止めた騒動について、少し触れたいと思います。

大変残念な事件でした。
とともに、この趣味全体がさらにこういう目で見られてしまうことを加速するのではないかと、非常に心配になります。

この事件に対する意見は、いまさらここでいう必要もないのでこれ以上は控えますが、この事件に限らず、あちこちからマナーの悪さに憤慨する声を耳にする機会が、最近非常に多くなってきました。

このような状態が続くと、そのうち線路際でカメラ持ってるだけで後ろ指さされるような世の中になってしまうかもしれません。

ブログで写真を出してる以上、安全、合法に撮影することは当たり前と思います。
どうしてもアングルが厳しくても、デジカメだからあとでトリミングできると割り切っていますので、ここに掲載している写真も、実際は架線柱が盛大に入り込んでいる写真も多くあります。
パン串よりも安全なアングルを優先しますので、仕上がりは見苦しくなるかもしれませんが、それは危険を冒してまで手に入れるものではありません。

しかし、自分がいくら気をつけても、そういうアウトローな同好が蔓延り、同類に見られるようならば、写真撮影をやめようかと考えることも時々あります。

趣味というのは、他人の生活や利益を侵害してまでやることではありません。

もっともこれは鉄道写真に限った話ではありません。
どうも最近、比率としてこういった人種が増えているように思えてなりません。

世の中の趣味人全員が、この事件を他山の石として、今一度気持ちを引き締めなくてはいけない時に来ているのだと思います。

そして鉄道好きとして、絶対迷惑をかけないよう、今後も注意を払って活動していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大貨車登場

今朝、シキ610形貨車の回送がありました。

現在日本最大の貨車ですが、なかなか東海道線で見る機会も少ないと思います。
稀有なチャンスなので、出勤前に線路際へ出かけてきました。

8863レということで、最近の大物車では定番のダイヤです。逆光の時間帯なので、見上げるアングルで待つことにしました。

そして定刻。EF210に引かれて、その巨体が姿を現しました。

Dsc_0002

さすがにデカイ!先行の普通電車でフレームを決めて、多分入るだろうと思っていたのですが、残念ながらケツがぎりぎり架線柱に掛かってしまいました。

Dsc_0004

車体には、日本最大の誇り(?)、荷重240tの表記が見えます。どのくらいの重さなのか、いったい見当もつきません。電気機関車2両分くらい??

 
 
 
 
24軸という、まるでムカデのような車輪だらけの足回りを披露して、巨人は走り去って行きました。珍しいものが見れて大変満足でした。

Dsc_0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルタイ

土曜日に、保線基地のある吉原駅に向けて、マルチプルタイタンパーが輸送されました。

保線車両の甲種は初めて見るのですが、それと同じくらいに楽しみなのがやはりEF65。
めっきり東海道では姿を見なくなりましたが、たまにこのような臨時貨物や、代走で走ってきます。

Dsc_0018 通りがけに吉原駅をのぞいてみると、保線の係員が何人か出て、受け入れの準備をしていました。
現場に到着し、560レを撮影しながら待ちます。ときどき雲が出てしまい、本番も心配になります。

 

 

そして予定の時刻になりました。高い位置に見えるヘッドライトは65の証。

Dsc_0022

Dsc_0024なかなか日中に本線を走っている姿を見ることができないマルタイを見送るのは、なんかとても新鮮でした。

その後、吉原から先の単機を撮ろうと思ったのですが、引っかかった踏切で通過を確認orz

しかたないのであきらめ、すぐちかくのうどん屋で昼食としました。桜えび天がボリュームがあり、しいたけで取った自家製だしつゆもおいしく、なかなか満足な内容でした。吉原駅東の踏切すぐそばです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特大輸送

午前中休みが取れたので、シキ1000による特大輸送を撮影に行きました。

Dsc_0006 久々のシキなので、どこにしようか悩みましたが、時間的に光線状態が一番いいということで、この場所に来ました。富士山もきれいに見えていますが、今日はそれは無視。先行の5075レは、代走でしょうか、EF66牽引でした。せっかくの9号機でしたが、カツカツの仕上がりにorz

 

そして15分後、本命の8863レがやってきました。久々に見る日中のEF65。重量物を運んでいるとは思えない軽快さで走り抜けていきました。

Dsc_0008 顔の文字は何でしょう・・・?

その後もここにとどまり、午前中の66貨物を撮影しました。土日はつい寝坊してしまうので、こういうときしか撮る機会がない列車ばかりです。

Dsc_0016 Dsc_0019 ←5090レ

 

 

   951レ→

Dsc_0022 Dsc_0024 ←950レ

 

 

   560レ→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い510

JR東日本が導入を決定した、EF510ですが、今日その1号機が納入されました。

記念すべき第1号機ですから、どこか一番記念になるところと考えると、やはり富士山バックは外せないでしょう。

この季節、ぎりぎり露出が稼げるところといったら、ここしかありません。

ということで、黄瀬川鉄橋へやってきました。

未明に到着し、通過を待ちます。日の出のころには5~6人のファンが集まっていました。
そしてほぼ定刻に、EF65が姿を現しました。続けてヨ、その後ろに・・・

Dsc_0010

青い車体に流れ星をまとった、EF510が登場しました。

恥ずかしながら、このときまで、てっきり赤いのかと思っていたので、びっくりしました。
と同時に、これはなかなかかっこいいぞ!と、ちょっと感動しました。

ブルトレが消えてしまった東海道を、未来のブルトレ機は東へ向けて走り去っていきました。

その後も、メトロ甲種までここで撮影をした一日でした。

Dsc_0018

 

 

Dsc_0024

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たから号

コンテナ輸送50周年を記念して、EF66 27号機にヘッドマークが取り付けられています。

その図案は、下り方がオリジナルの50周年マーク、そして上り方はなんとも粋な計らいの「たから号」です。

Dsc_0005

天気が大変残念でしたが、なんとか上りは予定通り収める事ができました。

Dsc_0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内旅行 1日目~四国

11月13日の夜から、車で瀬戸内海ドライブに行ってきました。
会社が終わってから、夜7時ごろに自宅を出発。日本坂で夕食をとった後は、一回も休憩せずに一気に瀬戸大橋までノンストップでした。道も空いていて、日本坂から瀬戸中央道の与島PAまでのおよそ500キロでブレーキは2~3回しか踏まなかったという順調さ。与島PAで仮眠をとることにしました。
天気は夕べからかなり雨が降っていて、明日の行動が心配です。

P1000010 ほとんど眠れた気がしないまま、朝を迎えました。ドン曇ですがとりあえず雨は上がっています。軽く身支度を整え、残る橋を渡りきって四国入り。坂出北で高速を出ます。

せっかく四国に来たのなら、やっぱり岡山のEF65を撮影したいものです。まずは多度津手前の田園地帯で、久々に目にするPF特急色を撮影します。

Dsc_0010

この3075レは、多度津で30分ほど停まります。その間にさらに西へ行き、海岸を走る姿を収めました。晴れていればもろ逆光のポイントですが、あいにくの曇りも、この撮影を可能にしてくれました。

Dsc_0014

さて、ここからは観光です。
まずはやっぱりうどんでしょう。撮影前に多くのうどん店を見かけましたがまだ時間が早くやっていませんでした。撮影が終わった9時ごろからぽつぽつ開くようです。次の目的地である愛媛方面に向かって走りながら探します。

P1000013ところが、探すとなぜか全然見つかりません。ついに愛媛との県境まで来てしまいました。最後の賭けで立ち寄った道の駅も、レストランが開店前。これでもう香川でうどんは食えないかな~、とあきらめていたら、道の駅の店員さん、「道の反対にありますよ」
おお!あった!よかった~
そのうどん店もちょうど開店したばかりのようでした。ものすごくでかいゲソ天を載せて食しました。おつまみのイワシの煮たやつもこれまた美味。大変満足しました。

さて高速に2区間だけ乗って、新居浜にやってきました。
別子銅山を見学するためです。
マイントピア別子に到着すると、道の駅併設の駐車場は多くの車でにぎわっていました。
これはトロッコも混むのかな、と思いつつ、1200円の入場券を買って乗車します。
・・・外の賑わいは別世界のよう、トロッコのお客は我々とほかに2組ぐらい。しーんとした感じです。
Dsc_0040程なく発車時刻を迎え、トロッコはヤマを目指して走り始めました。

このトロッコ自体は遊覧鉄道として作られた電動の遊具(?)ですが、走っている線路敷は、当時の鉱山鉄道の廃線跡そのものです。すぐに現れたレンガ積みのトンネルをくぐり、古めかしいトラス鉄橋を越えると、あっという間に終点の東平駅です。
ぱらぱらと乗客が降り、そのまま観光坑道に流れていきました。
Dsc_0025 観光坑道は、火薬保管庫として使用されていた場所らしく、中は平坦でした。人形で再現された江戸時代の採掘のようすを眺めます。
Dsc_0027 続けて近代鉱業のようすを展示したエリアです。金鉱石が展示されていますが、その中には鴻ノ舞金山とか坂越大泊金山とか、その手のマニアが聞いたらそれだけでよだれが出そうな名前の鉱山名が並んでいました。

そこを過ぎると、なぜか舞台は宇宙へ・・・

Dsc_0030

じー、カシャと鳴る怪しげなおもちゃの音が響き渡っています。
未来の地下開発がテーマのようですが・・・。まあ味わいはたっぷり、ということにしておきましょう。Dsc_0032
その展示の次は、体験展示となっていました。といっても水ポンプは階段が壊れてたり、滑車の体験は滑車が無かったりで、うーん、な感じ。
その先は・・・えっもう出口!?
なんだかこれで1200円かよって感じです。でもまあ、味わい深い展示を見ることができて、それはそれでよかったのかも。帰りのトロッコに乗って、駐車場に戻りました。

Dsc_0045Dsc_0046さて我々はさらに山奥を目指します。この先は別子銅山の公害で失われた緑を、植林事業で見事に復活させた森があります。
紅葉を眺めながら、山道をくねくねと登ること十数キロ。到着したのは、住友林業フォレスターハウスです。禿山になった別子の山を見事に復元した植林事業をたたえる記念館でもあります。ひっそりとしたたたずまいが素敵でした。

さて山を降りて、再び伊予三島方面へ戻ります。ロケハンしながら走っていたのですが、結局観音寺のカーブまで来てしまいました。

やってきたのは、EF65 F型。小中学校のころは、いくらでも走っていたこの機関車ですが、いまや岡山機関区で細々と生き残るのみです。

Dsc_0065

そのまま上りの貨物を、国道を挟んだ反対側で待ちました。

Dsc_0066Dsc_0070田んぼにはコスモスが咲き乱れています。

四国が舞台の「坂の上の雲」ラッピングを施した特急が駆け抜けていきました。

そして、日もすっかり沈みかけたころ、EF65の引くコンテナ列車が帰ってきました。

Dsc_0082

撮影を終えた後、道後温泉に立ち寄り、今治で焼き鳥を食って、しまなみ海道を渡って広島へ向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の名残

8月に撮影したカンナですが、盛りが短いかと思っていたら、ことしはやたらと長持ちしています。ということで、もう一度挑戦してみました。

08101901

どちらにピントを置くか悩むところです。こういう構図をうまくまとめられるようになりたいです・・・。

08101902

08101903 2レのあとは、日曜日でしたがDE10も動いていました。

 

 

さてお昼をはさんで夕方のEF65を撮影に行きます。

ポイントに到着すると、遠くかなたにヘッドライトが。・・・ん?4灯??

キヤ検か?と思ったら、レール輸送車でした。機関車による工臨を追いやった張本人ですが、走行を見たのは初めてでした。

08101904

08101905 その後はEF65が。原色赤プレですが、今日は単機でした。

夏の名残を拾おうと出かけた日でしたが、夕日はすっかり秋の気配。富士山も雪を被り始めました。いよいよ「富士・はやぶさ」にとって最後の冬が近づいてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正面

今週の休みも晴天に恵まれました。撮影に出かけた方も多かったんじゃないでしょうか?

せっかく日差しがあるので、今日は面が撮れるポイントへ行って見ました。

08101801

08101802_2 カーブ外側から狙うのですが、フォーカスをコンティニュアスにしてもなかなか追いついてくれません。結構難しくて、前回来た時は大失敗してしまいました。

今回は・・・まあトリミングしちゃってますが、なんとか見れる範囲かと。でもまだピントが甘いです・・・。この絵面で置きピン一発は自信が無いし、まだまだ難しいです。

 

このあと某所で66一桁機を待ちましたがやってきませんでした。運用が差し替えになってしまったようです。

代わりに岳南の貨物を撮って、今日は引き上げました。

08101803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF66 45

今日は天気予報だと朝から雨の確率70%とのことだったので、どうせ撮影にはいけないだろうと思っていましたが、前日に45号機が入るとの話を聞いていたので、とりあえず目覚ましだけかけておき、7時に起きてみました。

すると日差しは薄いもの、撮影は出来そうな天候じゃないですか。天気予報が外れたようです。

08101301 早速支度して出かけます。まずは道すがら321Mを撮影します。

 

 

そして昨日もやってきたポイントにやってきました。到着時は一人でしたが、ちらほらと人が集まってきて、最終的に4人になりました。やっぱり45号機は人気ですね。

08101302 そして2レは定刻に通過。天気も奇跡の晴天。絞りもF5まで絞れるコンディションでした。ひさびさに満足のいく撮影が出来ました。

意気揚々と撤収している最中・・・あれ!?なんでサンライズ!?さっきまで見ていた掲示板に情報があったのにも気がつかず・・・残念。

 

さてそのまま帰宅するつもりでしたが、時間的に5075レがやってきます。東田子のポイントで待ってみることにしました。

08101303 やってきたのは、29号機。あら、ピカピカですね。8月末に入場して、新更新色になって出場してきたばかりのようです。逆光なのは致し方ないところ。

 

そして途中、比奈駅にちょっとだけ寄り道してから帰宅しました。

08101304

ところで、古い写真を整理していたら、45号機が出てきました。

08101305

13年前の「みずほ」廃止の報せを聞いたとき、ブルトレ時代も最終章の予感がなんとなくしてはいたのですが、それがいつなのかは、全くわからなかったですし、想像したくもありませんでした。そして迎えた2008年、いよいよ「富士・はやぶさ」がそのラストランナーとして、最後の使命をこなしています。どうか最後の日まで、無事に事故無く走りきってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧