工臨

飯田線

飯田線の工臨情報をいただいたので、出かけることにしました。

前日夜から雨が降り出し、出発時は止んだものの途中でかなりの大降りになってきました。せっかく休みと運転日が重なったのに、ついてないな~

中部天竜を7時半頃通過。一旦上り方面まで行き、列車を待ちます。

これだけの雨量ですから、遅延、最悪は運休を覚悟してはいました。

しかし、普通列車が去ってしばらくした後、踏切が鳴り出しました。

来たようです!

07091701

 通過のタイミングだけ、絶妙に雨が小降りになってくれました。運気が一転してきたのでしょうか。

07091702

 ゴハチの通過を目の前にして、一気にやる気が上がってきました。

 

 

中部天竜で20分ほど停車する間に、先に進みます。佐久間より先に行こうとすると、道07091703路の都合上時間に間に合わないので、トンネルの手前で待つことにしました。ここではまた雨も普通に降ってきました。でも、濡れた緑の中を行く姿も味わい深いものです。

 

 

 

ここで一旦撮影はお休み。佐久間ダムを見学したあと、佐久間レールパークにいってみることにしました。

一度は行きたいと思いながら、なかなか行くことの出来なかったレールパーク。規模こそそんなに大きなものではありませんが、内容は相当濃いものでした。特に図書館のマニアックぶり(笑)。一日どころか一週間ぐらいいても飽きない自信があります。

そして午後。朝の豪雨が嘘のようにすっかりいい天気です。秋空ではなく、まだまだ残暑といった様子。でも撮影にとっては最高のコンディションです。

まずは佐久間駅付近で、上りの単機回送を待ちます。

07091704

 

 

 

そして中部天竜駅で停車中の様子を撮影。

07091705

07091706  発車時刻を教えてくれた方、ありがとうございました。

07091707 

 

 

 

 

最後は、川岸を往く姿を撮影して終了です。

07091708

昨日の今日で、しかもほとんど睡眠無しでの強行軍でしたが、とても充実した撮影行でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

64工臨

今日は工臨があるとのことだったので、今週どこかで取ると予告していた半休を取って出かけてきました。

Dsc_0005_3 まずはダイヤ改正以前は52レのスジだった時刻でやってくる、5060レを迎えます。天気はあいにくの曇り。とはいえ、雲はそんなに厚くはなく、ISO100相当でも十分撮影ができる状況でした。

左側に見えるレールがやたら錆で赤いのですが、これが最近交換されたばかりのロングレール。最近のネタ発生源であります。

Dsc_0011nef_3 そして今日の目当てである工臨がやってきました。上りは64単機。

検査を終えたばかりなので、まだピカピカです。

 

Dsc_0014_3 その後場所を移動して、5090レを待ちます。このころになるとついに雨が降ってきてしまいました。

Dsc_0016_3 しばらく待つと今度は3363レがやってきます。

 

 

そして、正午の鐘がなるころ、函南からチキを連れて工臨が帰ってきました。

Dsc_0022_3 雨は上がり、さっきよりも若干明るくなってくれました。

本当はおでこ1灯をひそかに期待していたんですが(笑)、貴重な東海道の64を、そしてそう遠くない未来に過去帳入りするであろうチキ工臨を見れたということで、それはそれで良し、なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のゴハチ

ご近所へGO!のコンテンツはどうも不動の気配なので、
というかネタがバラバラでまとめづらいので、ブログにしてみました。

さて去る3月20日、東海道線静岡以東ではものすごく久々となるEF58の入線がありました。
自分はガセネタだろうと思って行かなかったら、ほんとに走ったそうで、もっとも会議もあってフレックスできなかったんですけど、ちょっと悔しい想いをしました。

しかし、その返しが3月23日にあるとのこと、これはたとえガセネタでも構わないから行ってみようと思い、近くの踏切へ。

現着してすぐに踏切が鳴りました。この時点でまだ疑ってた自分は、カメラも手に持ったまま構えず、線路の先を見ていました。
すると・・・

07032301_2 おでこに1このライトが・・・

いやホントに来やがったよ!!
あわててカメラを構えます。

構図なんかもぜんぜん考えている間もなく、しかも単機というのも考えてなかったので軽くパニくってしまいましたが、とにかくシャッターを切りました。
よって写真はいまいち。

07032302_4 でも久々にゴハチと対面できて、というか地元の見慣れた線路を走る珍客に会うことができて、満足な朝でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)