« 巨大貨車登場 | トップページ | シキ返却 »

シキ三昧

今日は、一日のうちに上り下りともにシキが運転されるという、非常に珍しい日でした。

まずは朝、シキ1000の3連が回送されました。

Dsc_0037

Dsc_0040

大物車としてはちょっと小ぶりですが、3連となればやっぱり迫力があります。牽引はうれしいEF65でした。

 

 

 

そして上りは、先日回送されたシキ610が、九州での仕事を終えて帰ってくるのです。

ところが、ダイヤが3460レと、この季節では走行写真はまず不可能な時間帯です。
でも、この列車は幸運なことに富士と吉原で長時間停車します。

Dsc_0042

ということで、まずは富士駅へ様子を見に行きました。

おっ、来てる来てる。

遠くからもその存在がわかる巨体が見えました。

 

少々撮影をしたら、吉原駅に先回りします。

EF210のヘッドライトが見え、ゆっくりと吉原駅の側線に入って、停車しました。

Dsc_0054

ワムを従え、巨人はしばらくの小休止です。横を追い抜いていく貨物列車が、珍客に挨拶するかのようにホイッスルを軽く鳴らして通過していきました。

前回の走行とは違い、止まっている車体を目の前で見ると、あらためてその大きさに感動します。ほんとに足だらけです。

Dsc_0061

天気予報では今日は一日雨となっていたのですが、この時間まで降り出すことはなく、しかも気温も高くて撮影にはいいコンディションでした。

そして時間になり、独特な車輪のリズムを刻みながら、シキはねぐらへと帰っていきました。

Dsc_0062

|

« 巨大貨車登場 | トップページ | シキ返却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208987/47525832

この記事へのトラックバック一覧です: シキ三昧:

« 巨大貨車登場 | トップページ | シキ返却 »