« みちのく遠征 その2 | トップページ | 岳南の貨物 »

災難つづき

毎日夏休みで多くのファンを乗せて走る、「富士・はやぶさ」。

08082801

先週も遠路はるばる九州から、東京に向けて定刻に走り去っていく姿を撮影しました。機関車はEF66 53号機。今年の初夏に全検を受けたばかりの綺麗な姿で、ファンの目を楽しませてくれています。

 

ところが、その53号機に、悲劇が訪れてしまいました。

 

火曜日の夜、東京を出たばかりで故障してしまい、横浜駅で立ち往生してしまったのです。そのため当日は急遽EF65が田端から借り出されるというハプニングも起こりました。

明けて水曜日。結局遅延のため下関打ち切りとなった下り「富士・はやぶさ」は、下関始発となってその日の夜に出発しました。もしやEF65がそのまま牽いて戻ってくるのでは?と思われましたが、結局予備のEF66が牽引して上京してきました。

しかし、突然の故障で品川に取り残された53号機に、ヘッドマークを残してきてしまったため、この日の列車は、ヘッドマーク無しという、ちょっと変わった趣での走行となったのでした。

08082802

今週は、週初めの集中豪雨の影響で運休が発生したり、そのあおりで回送として白昼堂々とブルトレ編成が東海道を下ったりと、波乱の幕開けでした。昨日今日は定時で運転されたようですが、今日また愛知県の大雨で混乱が予想されます。

こういうトラブルが続く中、運行の関係者の方々の苦労は、本当に大変なものがあると思います。乗車を楽しみにしていたお客さんも、運休や打ち切りでは泣くに泣けないでしょうし、なんとか今日も無事に、そして安全に走ってくれることを祈るばかりです。

|

« みちのく遠征 その2 | トップページ | 岳南の貨物 »

夜行列車」カテゴリの記事

東海道線」カテゴリの記事

特急・急行列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208987/42304318

この記事へのトラックバック一覧です: 災難つづき:

« みちのく遠征 その2 | トップページ | 岳南の貨物 »