« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

災難つづき

毎日夏休みで多くのファンを乗せて走る、「富士・はやぶさ」。

08082801

先週も遠路はるばる九州から、東京に向けて定刻に走り去っていく姿を撮影しました。機関車はEF66 53号機。今年の初夏に全検を受けたばかりの綺麗な姿で、ファンの目を楽しませてくれています。

 

ところが、その53号機に、悲劇が訪れてしまいました。

 

火曜日の夜、東京を出たばかりで故障してしまい、横浜駅で立ち往生してしまったのです。そのため当日は急遽EF65が田端から借り出されるというハプニングも起こりました。

明けて水曜日。結局遅延のため下関打ち切りとなった下り「富士・はやぶさ」は、下関始発となってその日の夜に出発しました。もしやEF65がそのまま牽いて戻ってくるのでは?と思われましたが、結局予備のEF66が牽引して上京してきました。

しかし、突然の故障で品川に取り残された53号機に、ヘッドマークを残してきてしまったため、この日の列車は、ヘッドマーク無しという、ちょっと変わった趣での走行となったのでした。

08082802

今週は、週初めの集中豪雨の影響で運休が発生したり、そのあおりで回送として白昼堂々とブルトレ編成が東海道を下ったりと、波乱の幕開けでした。昨日今日は定時で運転されたようですが、今日また愛知県の大雨で混乱が予想されます。

こういうトラブルが続く中、運行の関係者の方々の苦労は、本当に大変なものがあると思います。乗車を楽しみにしていたお客さんも、運休や打ち切りでは泣くに泣けないでしょうし、なんとか今日も無事に、そして安全に走ってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みちのく遠征 その2

さすが東北、朝はむしろ寒さで目を覚ますほどの快適さ。ぐっすりと睡眠をとったところで、翌日の行動開始です。

08081110 まずは、朝一小牛田から仙台に送り込まれる回送を撮影します。涼しいのはいいのですが、空は今にも泣き出しそうな天気。小牛田の南方にある田園地帯で撮影することにします。しかし、今日も一発目からピンボケかましてしまいました。

回送を撮影したら、一路陸羽東線に沿って西に進みます。「おもいで湯けむり」は、鳴子温泉駅で20分ほど停車します。この時間を利用して、駅の東西で撮影します。

08081111 ますは駅の東側、里山のいい雰囲気が出ているところで1枚。ここには他に数名のファンがいました。

通過を見送ったら、列車を前方に眺めながらのんびりと追いかけます。鳴子温泉駅では、地元の観光協会の人に盛大に歓迎されている列車が見えました。

我々はそこからさらに先、鳴子峡へ行って見ました。08081112 しかし、どこで撮影できるのか良くわからず、さらにもう少し先まで走ります。ところがなかなかよいポイントは見つからず。やむなくかろうじて撮れそうな鉄橋の脇に行って見ましたが、足場が悪く撮影は失敗。あとで調べたら、鳴子峡は国道から撮れる定番のポイントがあるそうで・・・残念。

さて気を取り直して(今回何回気を取り直すのだろうか)、再び東北本線へ向かいます。快速「みちのく」の撮影です。小牛田北側から順にロケハンしたのですが、結局朝のポイントに程近い田園になりました。このころから天気は回復してきていましたが、通過時は残念ながら曇り。ここから300m先は晴れていると言うのに・・・。

08081113

08081114 上り「湯けむり」までまだ時間があります。ちょうど石巻線の貨物が運転される時間です。カーブの先で待ち、撮影。

そしてまた陸羽東線に向かいます。のぼり「湯けむり」は、こんどは古川で15分ほど停まるので、この時間を利用します。まずは西古川のカーブをゆったりと行く姿を撮影。秋になったら稲穂がさらに絵になりそうなポイントです。

08081115 08081116

 

 

 

 

08081117 そして古川の東へ向かいますが、駅付近は混雑するので、予定のポイントでは追いつけず、なんとか横姿を収めるにとどまりました。

そしてこの先の駅でも交換待ちで5分ほど停まるので、この間に国道の普通の流れで楽に先回りできます。昨日撮影したポイントで、今度はあえてさらに逆光になる方向で撮影。一般的なキハ58よりもさらに黄色が強いこの修学旅行色は、夕日に照らされるとなんとも美しい黄金色になります。写真が下手でそれが伝えられないのが残念ですが・・・。

08081118

08081119 最後に、昨日と同様に小牛田の先まで行き、ラストショットを撮影し、すべてのスケジュールを終了しました。

 

東北のJR線を撮影するのは久々でしたが、いろいろ企画列車が走るので、なかなか面白い地域だと思います。貨物はバンバン走るし、これでもうちょっと近かったら、はまってしまいそうな、とっても魅力的な列車ばかりでした。キハ58は今年の秋でお別れですが、代わりに新型の観光列車が走るそうで、地元の期待も大きいようです。こんどは列車で、のんびりと鳴子温泉にでも行って見たいな~、なんて思った、東北の夏でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みちのく遠征

今年の夏は、東北で興味深い臨時列車が運転されるとのこと。

その中に、583系を使った、快速「みちのく」号があります。

東海道を走る姿を2回ほど収めてはいますが、日中の走行写真を撮ったことがありません。これはいい機会だということで、目的地を東北方面に定めました。

そして、仙台からは、修学旅行色に復元されたキハ58が走るとなれば、この二つをテーマに、仙台を中心にした撮影旅行に出かけました。

8/8の夜から朝にかけて、車で一気に東北道白石ICまで走ります。ロケハンしながらうろうろしていると、踏切が鳴り出しました。向こうから来るのは、電気機関車。

08081102 あわてて車を降り、カメラを向けました。ちょうどED75の重連貨物でした。ただいきなりだったので、レンズがしょぼいのをつけたままで、画質がいまいちです。

 

 

その後向きを変え、仙台から福島へ向けて送り込まれる583系の回送を撮影します。

08081101 地元の同業者数名がやってきて、一緒に撮影。幕は「臨時」で、こけしのみちのくマークを期待していた分ちょっと残念でしたが、無事撮影ができて一安心です。

その地元の方と少々雑談をしていると、さっきのED75、唯一の日中走行らしいです。貨物時刻表を持ってはいるものの、運用とかは現地に行ってから調べればいいやと軽く考えていました。まさかここまで減っていたとは・・・。

さて、仙台のほうまで行ってしまうと市街地も続くし、松島あたりに紛れ込んだらこの時期大渋滞でしょう。なので、福島から下ってくる「みちのく」は、この付近で撮ることにします。

その前に、何本か上り貨物が通ります。08081120_2 すべてEH500ですが、まともに見るのはこれが初めて。ということで、アウトカーブになるポイントへ移動し、撮影します。その迫力に圧倒されます。

ここで同行のY君、ちょっとトイレに行くといって、車で行ってしまいました。残された筆者一人で撮影を続けていると・・・なんだありゃ!?

08081103 08081104

突然の出現にびっくり。もう撤収するつもりでカメラを外しかけていたので、手持ち撮影になりましたが、結果それが幸運につながりました。

あとで時刻表で運用を調べても、この時間に福島方面へ行く列車は記載されていませんでした。うーん、なんだったんでしょう?

08081105_2戻ってきたY君は、このことを知ってがっかりした様子。気を取り直して、「みちのく」の撮影にかかります。 ストレートから編成を狙ったのですが、なんとまたピントミス。直前の列車でリハーサルして、ちょっとフォーカスが甘いな、と思って調整したらこれです。っていうか、GWの「奥利根」と全く同じ失敗。何やってるんでしょうか。。。orz

ここで午前中の撮影はおわり。次の拠点、小牛田を目指します。

0808110708081106  途中仙台臨港鉄道へ寄り道します。列車の運転は見れなかったものの、仙台港駅は盛業の様子。現役の臨港鉄道の雰囲気を十分に感じ取れました。

 

 

小牛田手前で進路を若干西にずらし、陸羽東線にやってきました。ここで新庄からやってきた、「おもいで湯けむり」号を撮影します。

08081108 今日はいい天気でして、夕方ともなれば思いっきり逆光になってしまいます。それでも、なんとか北西向きに撮影してみたら、なんとなく夕暮れっぽい雰囲気になったように思います。

 

 

08081109 ここから先回りして、小牛田駅南側の土手に行き、撮影。

幕はなんと「修学旅行」。味わい深いヘッドマークとともに、なかなかにくい演出をしてくれるではありませんか。

 

これで今日の仕事は終わりです。このあとはこの付近で最も栄えている古川駅周辺に異動します。スーパー銭湯を探し、入浴後は駅前で食事です。ビールがうまい!車はあらかじめ駅北東の駐車場に突っ込んでおき、食事後は移動することなくそこで車中泊。この駐車場は600円で24時間停められるので、安いし便利だし静かだし、最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日中の特急車

この日は臨時列車が2本運転されるということで出かけてきました。

天候は夏本番の強い日差しが一日中照りつける、撮影にはいいコンディションの一日でした。

まずは正午過ぎ、183系幕張車がやってきました。

08080201

旧あずさ色をまとったこの車両、ちょくちょく東海地区にも顔を出します。特にこのシーズン、某団臨で西に向かって驀進する姿をよくみかけます。

1時間ほど経って、こんどは373系による、「さわやかウォーキングごてんば」号がやってきました。ヘッドマークは「ごてんば」を期待したのですが、残念ながら臨時幕でした。

08080202

通過中に車内を見たのですが、お客さんは数えるほど・・・大丈夫なんでしょうか?

「東海」廃止後、朝のながら返却をのぞいては、三島-富士間では、日中に特急車両の姿を見かけることが出来なくなってしまいました。

こういう臨時でしか、その姿を見られないのはちょっと淋しいですが、それでも時々元気な様子を見れるのは、幸せなことなのかもしれません。

ところで、この時間帯は、上り貨物はほとんどありません。

ところが、次々に貨物がやってくるのです。西のほうでダイヤが乱れていたのでしょうか?

08080203 その中には、EF6627の姿も・・・。残念ながら写真に収められませんでした。しかも乱れたダイヤでは運用もわからず。うーんついていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »