« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

583系

以前から写真を撮りたいと思っていた電車があります。

583系 - 東海道にはあまり縁のない車両、国鉄色においては定期運用もないため、お目にかかるには、日程を調べて東日本地域まで遠征せねばなりません。

なかなかそういう機会も取れず、指をくわえてみているしかなかった中、東海道を臨時列車として走るとの情報が。

これは是非とも写真に収めたいものです。

本来ならば、地元を通過する貴重なシーンを目にしたいものですが、通過するのは4時ちょい過ぎ、日の出前なので写真はまず無理でしょう。

とはいえ、またとないチャンスです。これを逃せば絶対後悔すると思い、がんばって時刻的に露出の稼げる早川まで出かけることにしました。

前夜に仕事が終わってからそのまま現地へ直行します。道中、雷を伴った豪雨が続き、仮眠の車中でも、雨が屋根を叩く音が激しく、落ち着いてゆっくり眠れないという状況。今日は平日で、撮り終わったら出勤せねばなりませんから、列車が遅れたからと言ってもずっと待っているわけには行きません。大きな遅延は、無駄足にもなりかねません。

そんな不安の中、夜が明けました。雨は止んでいて、雲の切れ間からはうっすらと青い07073001_2空ものぞいている状況です。あとは途中で大きく遅れていなければ・・・そう願いながらカメラを準備します。まだ夜も開け切らない5時前、貨物列車が勢いよく通過していきます。

 

5時11分、定刻ならば根府川駅を出る時間です。果たして本当にやって来るのか、それとも・・・

気を揉んでいると、踏切が鳴り出しました。カーブの向こうから現れたのは、三つ目ライト!

来ました!!

07073002_2

露出はぎりぎり1/160が切れる状況で、ブレが目立ちますが、583を写真に撮ったというだけで満足です。

さてダイヤが乱れていなかったおかげで、まだ若干時間にr余裕があります。銀河まで撮影してから撤収することにしました。

07073003_2

シャッターを切った直後に、ちょうど下り貨物が被りました。EF66-27号機でした。07073004_2

サンライズもすぐに来るとは思ったのですが、今日はこれで撤収。583を無事に収めることができたということで、たいへんいい気分で帰路に付くことができました。そのかわり今日一日は、猛烈な眠気との戦いでしたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3171レと流し撮り

梅雨明け宣言が出されて初めての週末、日中もかなりの晴天となりました。

夕方はさすがに曇ってしまうものの、今週を逃すと忙しくて訪れることもままならないだろうということで、前回失敗した蒲原カーブに出かけました。

失敗・・・と言っても、カメラの謎の誤動作でした。シャッターは確かに切れたのに、カードに記録されていなかったという・・・。その後電源オンオフで直ってしまいましたが、ここ一番でこの症状が再発したらと思うと・・・。

07072801 3171レは、ダイヤどおりにやってきました。今日は66の100番台です。

 

 

 

 

さて夜になりました。今日はちょっと流し撮りに挑戦してみましょう。終電車も間近の東田子の浦駅へやってきました。

実は、流し撮りというのは、お遊びでちょこっとだけやったことはあれど、今まで本格的にやったことがありません。しかしデジタルカメラならではの、失敗してもタダというすばらしい利点がある以上、やらない手はありません。夜といえど、駅構内通過中なら若干の照明がありますので、多少シャッタースピードも稼げます。ということで今晩は練習の日です。

07072802 夜は物流の大動脈と化す東海道線、ちょっと待てばすぐに貨物列車がやってきます。数多くの機関車を相手に練習を重ねます。

しかしなかなか難しいものです。10本以上撮ってまともな絵になったのはほんの数本。でも、その数本の中に、銀河を入れることができてラッキーでした。07072803

そして今晩の主役である583系を撮ったところで1時半。また近々夜の流し撮りに挑戦してみたいと思います。

07072804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央本線の貨物

今日はたまたま山梨に行く用事がありましたので、ついでに中央線を走る貨物列車を撮ってみようと、竜王駅付近まで行って見ました。

有名撮影地があるわけでもなく、とりあえず「ついで」なので、線路際から適当に撮れればイイや、と思ったのですが、安全に撮れる場所が全然見つからなくて苦労しました。

ようやく踏み切りのわずかな隙間から狙える場所を発見。すぐに下り列車がやってきました。

07072101 ここでは未だ現役の、115系スカ色です。いきなりいいものが見れました。

07072102さて本命の2089レですが、定刻になっても来ません。普通電車が何事もないように通り過ぎていきます。

 

今日はウヤなのかな?と思い、数分待ってみたものの来る気配なし。踏切が鳴ったと思ったら、上り列車でした。

こりゃ今日はだめか、帰ろうと思ったそのとき、踏み切りに下りの矢印が!向こうには三つ目のヘッドライトが見えてきました。

しかし上り電車がちょうどやってきてしまい・・・うーん、モロかぶりか?

07072103 電車が通り過ぎたら、そこにはちょうどEH200の顔が。貨物の足の遅さに助けられたようです。

とりあえずは写真に収めることができました。すれ違いのタイミングでフレーミングを変えざるを得ず、思いっきり障害物が写ってしまいましたが・・・orz

07072104

山梨にはこれからもちょくちょく来る機会がありますから、そのときはまたもう少し景色のいいところでリベンジすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙輸送

富士は紙のまち。

よって鉄道の貨物も紙製品が多く扱われています。

07072001 その中でも、一番の見どころは、ワム80000だけで組成されたこの列車、3170、3171レではないでしょうか。

コンテナ全盛の時代、こんな2軸貨車だけの編成が、はるばる大阪まで一晩掛けて走るのです。最高速度は75キロ。そんなノンビリした列車を牽くのは、普段は高速貨物で東海道を疾走している吹田のEF66です。なんだか力を持て余してストレスたまりそうです(笑)。

一時期はどこに行ってもイヤというほど見られた茶色のワムも、いまや編成中に数両。そして青色の更新車といえども、後継車がない以上、いつかはコンテナ化されて姿を消していく運命です。

元気に走っているうちに記録しておきたいところですが、この列車、富士を出るのが17時35分なので、やっぱり日の長い季節しか撮れません。でもこの時期はまだまだ雲が厚く、露出も厳しいです。

天気のよくなる9月ごろが、一番のシーズンかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨物見物

この週末はいろいろネタがあったようですが、情報をつかむのが遅くて出かけることができませんでした。

代わりというわけではないんですが、地元の貨物列車を撮影することにしました。天気が悪い予報にもかかわらず、土曜日は朝から夏空の広がる陽気。近くの踏切へ行って、3363レを待ちました。

しかし・・・対向列車ともろかぶりorz あきらめて列車を見送りました。

070701013363レは、吉原を出たらすぐとなりの富士に停車なので、かなりゆっくりです。対向の普通列車が行ってしまった後も、まだ目の前を走っています。くやしいのでタキだけ撮影。その前にはタンクコンテナを積んだコキ200が見えます。 写真には写っていませんが、前のほうにピカピカの空車コキ100系が何両かつながっていました。検査上がりなのでしょうか、真新しいペンキのにおいを漂わせながら走り去っていきました。

さて気を取り直して1時間後。こんどは3362レを撮影します。

07070102 コキ50000の後ろにワム数両を収めてドンピシャ!と思ったら・・・おや?さらに何かがつながって・・・

そのさらに後ろには、なにやら黒い物体が。

 

07070103 なんと!ヨ8000がぶら下がっていました。

こちらはコキ106の配給でしょうか?一日に2回も面白いものが見れました。

車掌車が付いていると、やっぱり貨物列車っぽく見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »