« 夏至の湘南 | トップページ | 夏至のころ »

遠来の珍客

今日は、はるばる関西から臨時列車がやってきます。

14系200番台、いわゆる「シュプール車」です。

筆者が地元で撮影可能時間に出会えるのはこれが初めて。ちょうど休暇も取れたので、出かけてきました。

天気はあいにくの雨模様。昨日までの晴天はどうなっちゃったんでしょう・・・。

この天気だと車で出かけるしかなく、どこに行こうか思案していると、12時ごろに浜名湖を通過したとの情報。あれ?熱海を16時のはずですが・・・。途中で長時間停車があるんでしょうが、それがどこなのかまでは知らなかったので、とりあえず時間に余裕を持って出かけます。

雨でも撮影できて、車も置ける場所となると、撮影地は限られてしまいます。その数少ないポイントの一つに立ち、いつ来るとも知れない列車を待ちます。

07061401 遠くに66が見えたので、来たか!?と思ったら、貨物列車でした。

1062レのようです。

それから20分ほど経ったころ、また66らしきヘッドライトが。今度は機関車も国鉄色です。後ろにはピンク色の客車が。どうやら無事に会えたようです。

07061402_1   

  

  

  

 

07061403 07061404  

 

 

これで撮れなかったら何のために休暇をとったのかわからなくなるところでしたが、先月の天賞堂につづき、珍しい客車の臨時列車を収めることができて、満足でした。

|

« 夏至の湘南 | トップページ | 夏至のころ »

東海道線」カテゴリの記事

臨時列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208987/15437010

この記事へのトラックバック一覧です: 遠来の珍客:

« 夏至の湘南 | トップページ | 夏至のころ »